医療法人弘仁会 板倉病院

船橋市の機能強化型在宅療養支援病院・救急告示病院
千葉県船橋市本町2-10-1 電話 047-431-2662

TOP

がんと緩和治療

外科:梶原 崇弘

今や、がんは2人に1人がなる身近な病気になりました。

ひと昔前は「もうだめだ…」と思われていましたが、医療の進歩によって、早期発見すれば根治できる病気になってきました。早期発見のためにも、検診の定期受診や体調不良時の速やかな外来受診を心がけましょう。

今回は、がんが根治できない場合、つまりがんとともに生きていくときのお話です。がんが進行していくと、以下のような症状が出現してきます。

  • ① 食欲低下・やせる
  • ② むくみ・腹水・胸水
  • ③ 癌性疼痛
  • ④ 抑うつ、不安、せん妄など精神症状
  • ⑤ 発熱・出血
  • ⑥ 腸閉塞など
がん緩和治療

このような症状をみると怖くなってしまうかもしれませんが、専門的な知識を持って対応すれば、ご自宅で、笑顔のなかで日常生活を過ごすことができます。

緩和治療の大切なところは、

「ご本人とご家族のやりたいことをかなえる」です。
緩和治療の大切なところ

がんの終末期は、皆さんがイメージするよりも元気で頭もしっかりしています。癌性疼痛で我慢できない痛みに耐える時代ではありません。いよいよになってくると急激に症状が悪化するため、入院やご自宅での最期の時間が訪れますが、それまでは比較的普通の生活ができます。

当院の外来には、がん専門病院から「緩和治療になったため近くの病院で」と紹介されて通院されている方が何人もいます。

これからの過ごし方を相談し、症状への対応をしっかり行うことで、充実した時間を過ごされています。

がんにならないこと早期にがんを見つけることも大切です。

もし、がんとともに過ごさなくてはならなくなった場合であっても、板倉病院は外来通院・入院・訪問診療(在宅診療)などさまざまなアプローチで、多職種協働チームが、患者様はもちろん、患者様を支えるご家族様もしっかりとバックアップいたします。どうぞ、安心してご相談ください。

がんの痛み治療
(2016.10)