医療法人弘仁会 板倉病院

船橋市の機能強化型在宅療養支援病院・救急告示病院
千葉県船橋市本町2-10-1 電話 047-431-2662

TOP

外来看護師

看護職者へのメッセージ

富岡祥子
看護部長 滝口惠子
チャレンジしたいことにチャレンジできる、楽しく働ける病院を目指しています!


患者さまの心に寄り添う看護の実現には、なによりも「楽しく働ける」職場づくりが重要です。
私は、2017年に入職して以来、看護部の改革にチャレンジしてまいりました。

当院では、患者さまに寄り添う看護を提供しています。
看護師それぞれの行動を「やりがい」につなげることができれば、仕事は「楽しさ」「嬉しさ」につながります。そしてもっと良くしよう、もっと楽しもう、嬉しさにしようと、コ・メディカルを含め協働していきます。
そうした変化が新たな楽しさにつながれば、さらに良い方向に進みます。一人ひとりのワークライフバランスが充実してこそ、仕事にも打ち込めるのだと思います。

新卒の皆さんが一日も早く職場に慣れて、自信をもって看護を行うためには教育体制が大切です。
当院ではプリセプターシップを導入しており、さまざまな経歴の先輩方がたくさんいます。困ったこと、わからないことはプリセプターはもちろん、先輩や誰にでも遠慮なく相談してください。

また、当院は年間2,000件以上の救急搬送を受け入れる病院です。夜勤は病棟看護師だけではなく外来看護師も担当しています。「患者さまをお断りしない病院」を、入院から退院まで切れ目なく外来・病棟看護師が協力しながら実施しています。

看護補助も重要な存在です。看護補助をひとつの組織として再編成し、看護補助主任を中心に患者さまの支援に取り組んでいます。「患者さまの支援・介助をする」を意識づけし、看護補助の組織化にも力を入れています。

当院は「チャレンジできる職場」です。
こういうことがやってみたい、といったチャレンジの相談も大歓迎です。一緒に「楽しく働ける病院」をつくっていきましょう!

看護理念:優しさと思いやりを持って患者さま中心の看護を行います
  • 強化型在宅療養支援病院として、地域住民の方々へ保険医療、介護を提供する。地域密着型の病院です。
  • 看護補助者と共にケアを行い、信頼される安全、安心で根拠に基づいた質の高い看護を目指します。
  • 入職者に対してのサポートは、プリセプターが中心となってスタッフ全員で行います。
看護単位:病棟(3階、4・5階)、外来
在宅療養支援病院(地域連携強化型のモデル病院)
看護体制 7対1、看護補助体制 25対1

外来看護師

患者様の年齢層は10歳~90歳代と幅広く、平日は1日約200名の方が受診されます。救急受入件数も年間1,600件を超え、市健診や近隣医療施設からの依頼による内視鏡検査等も行い、地域の方々が多く受診される病院です。 船橋市の2次救急当番日には夜勤があります。

勤務時間 日勤 8:45~17:15(休憩1時間)
遅番 10:30~19:00(休憩1時間)
夜勤 16:30~翌9:30(休憩2時間)
休日・休暇 1ヶ月9休のシフト制(5月と9月は10休)
夏季休暇3日・冬季休暇3日 年間116日
有給休暇 4月1日を付与基準日とし、9月末まで入職の方は入職時に10日付与されます。
10月以降入職の方は入職時に規定日数付与されます。
加入保険 社保・厚生・雇用・労災
手当 通勤手当・住宅手当・扶養手当・土曜日手当・夜勤手当・休出手当・夜勤者手当
福利厚生
  • 退職金手当
    退職時に支給するのではなく毎月の給与に「退職金形成手当」として支給する制度です。
  • カフェテリアプラン(選択式福利厚生手当)
    職員や家族が、自らのライフスタイルにあわせて福利厚生メニューを選択できます。年間6万円迄。
  • 社員食堂
    月~金曜のみ、明るく開放的な食堂で温かいお食事を提供しています。
  • 医療費補助
    当院で受診された医療費を、年間1万円まで補助します。
  • 院内保育室
定年制 一律60歳 延長・再雇用65歳迄

お問い合わせ